キャンプ

モンベル ステラリッジテントは平地キャンプでもとても良きな話

全国のキャンプ愛好家な皆様こんにちわ、新米キャンパーのリンです。

今年に入って本格的にキャンプを始めて早半年近く、皆さんいろんなテントや道具を使って楽しんでますなぁと感じる次第です。

それに何と言いますか、ホントソロキャンパー増えたなと感じる次第です、良い事なんですよ業界も潤いますから。

ちなみに僕が使ってるテントはこちら

 


mont-bell ステラリッジテント2型になります。

ステラリッジテントと言えば、登山時のキャンプ泊用として絶大の人気があり、もはや山の中ではめっちゃ被るのでは…てくらいシェア率を誇っています。

しかし、平地のキャンプとなるとやはりそこはキャンプメーカーモノが人気で、SnowPeak・Colemanなどをメインによく見かけます、まぁ平地は軽量コンパクトを重視しなくても良い場面ばかりですからね。

しかし、そんな平地キャンプでも個人的には是非ステラリッジテントをお勧めしたい!!そんな思いで今回、記事を書かせてもらいます、決してmont-bellの回し者ではありません。

 

◆軽量コンパクトはどこにいても正義


先程、平地ではサイズ感などは気にしなくても…みたいなことを書いてましたが、やっぱり軽いは正義です。

上の写真はテントを張るのに必要な道具ですが、いかがでしょうか?
隣に置いてるペットボトルは2Lのモノですが、高比較してもかなりコンパクトではないでしょうか?
内容ですが左から順に、

〇テント本体
〇テントポール
〇ペグ
〇レインフライ
〇グランドシート

このようなセットでテントを張ります。

車移動であっても荷物の載せ下ろしは大変ですし、テントが嵩張り重いと設営なんかも大変だったりします。

特にバイクでのキャンプは、極力荷物を減らしてコンパクトにしなければいけない中、テントは基本必需品なので、このコンパクトさが最大限に活きるかと思います。

ステラリッジは登山テントの中でも特に軽量コンパクトなテントなので、荷物ケースの片隅に入れることもできますし、設営時に重さで疲れることはありません。

 

キャンプってその後タープ設営や火起こし・調理などやること沢山ありますので、設営時間と体力を温存できる、それだけでも大きな付加価値ではないかと思います。

 

◆設営が簡単


登山テントということもあり、mont-bellを始め設営が完結に出来る様に様々な工夫が施されてます。

僕もテント設営2回目くらいで10分ちょっとで設営出来る様になりました。

構造がシンプルな事もあり、設営時に迷う事がないのも1つ特徴かもしれません。

 

◆夜のライトアップがバエる

ステラリッジは外のレインフライのカラーバリエーションが豊富で、なおかつ明るい色が多めなので夜にルームライトをつけると鮮やかなテントの色合いが夜のキャンプ場を彩ります。

上の写真は以前キャンプに行った際に全体を撮った写真です。
どこも鮮やかですが、薄茶色が多いのに気が付きませんか?

登山メーカーの鮮やかさに対して、キャンプメーカーは主にアースカラーを好みます。

 

対してこの写真はどちらも登山メーカーで右が僕のテントです。
レインフライが鮮やかなので、キャンプ地ではとてもバエてくれますね。

これ1つで僕もバエキャンパーの仲間入りです。

 

◆悪天候にも強い

登山テントの強みは何といっても悪天候にも強い事、これは平地でも十分効果を発揮します。

特に臨海キャンプ時や湖畔キャンプ場なんかは強風が吹くこともあるかと思いますが、もっと過酷な環境下を想定されたテントですので、しっかりと耐えてくれます。

とはいうものの安物テントでなければ、キャンプメーカーのものを平地であればしっかり耐えてくれるとは思いますが。

勿論、テント生地が薄いにもかかわらず、極寒地でしっかり使用できます。

 

◆登山時のテント泊と併用できる


まぁ登山用のテントなので当たり前ですが、平地でも山岳地帯でのキャンプどちらにも使うことができます。

登山の時は体力温存の為にも、荷物は極力コンパクトにするのが鉄則なので、キャンプメーカーのテントはかなり不向きになります、というよりかはやめといた方が良いです。

僕も今年の夏は立山にライチョウ撮影行きたいので、併用できるやん!!て感じで購入しました。
(実際問題、会社の異動があったり仕事忙しかったりで、やや雲行きが怪しいですが)

 

こんな感じでステラリッジテントは平地でも存分にメリットを発揮してくれます。

登山メーカーのテントということもあり、少しオーバースペックな点もありますが、どんなとこでも使える万能テントといえば、僕はこのテントではないのかなと思います。

 

◆ステラリッジテントは買いなのか

個人的にはソロキャンプをする人や、各自テント持ち合わせのキャンプがメインの方には是非ともお勧めしたく思います。

フライシートも別売りで数種類の色が選べるので、買い足せば気分によって使い分け…なんて少しリッチなこともできます。

テントの買い出しが不要ですし、ステラリッジテントに関しては冠雪地帯でも使用できる様にオプションも豊富です。

なにより修理に出す際も店舗数の多さから、出しやすいのも大きなメリットですね。

長く愛用できること間違いなしです。
是非気になる方は検討してみる価値はあるかと思います。

◆まとめ

いかがでしょうか?
決して移住空間が広いテントではないですが、その他の機能はほぼ兼ねそろえているステラリッジテント、これからキャンプする人も買い替えを考えてる人も、是非検討してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
Masayoshi.Hayashida
可愛い生き物をメインに撮影しているカメラマンのブログサイトです。 主に撮影録・商品レビュー・雑事を記事にしています。