ブログ

FUJIFILM X-T4ってどうよ?

皆さんこんにちわ、僕は現在未だにFUJIFILM X-T2を使用してるわけですが、そろそろカメラ側のガタも来てるので新型を購入したいなと、重ーい腰を上げ始めた次第です。

なぜそんな話をしているかと言いますと、

 

 

FUJIFILM X-T4の情報が明確化されてきたからです!!

 

 

超単純でごめんなさい…

ではでは、実際現在の機種「X-T3」とどう違うかを見ていきます。
(スペックシートは結構広まってるので個人的会見が多めです)

 

◆X-T3との変化点はどうなのか

イメージセンサー・エンジンは一緒

センサーはX-T3同様、X Trans MOS4が使用されるそうで、エンジンもX-Processor4だそうです。

ここは賛否両論かもしれませんが、個人的には問題ないかなと思ってしまう次第です。

この段階のセンサー・エンジンでも十分完成度が高いかと思いますので、下手にセンサーを変更して値段を上げられるよりかは…というのが僕個人の感想ですねはい。(そもそも高感度ウンヌンカンヌンを気にするなら、フルサイズか中盤なんかに行った方が良いでしょう。その方が飛躍的に改善します)

 

ボディ内手ぶれ補正


正直この存在はデカイです。(写真はX-H1のモノです)

今までHシリーズにしか搭載されなかったものが、ここにきてようやく搭載されました。

これがあるかは僕の購入意欲を大きく左右されていたでしょう。

正直被写体ブレには皆無の世界ですが、標準を定める時に非常に便利ですし、単焦点レンズの使用幅がグンと上がります。

後は、後々僕が使用しているレンズ群が手振れ補正シンクロ等してくれれば、言う事なしです。

いや~、それにしてもこれは大きい!!

 

位相差AF Lv-6.0対応 連射はメカシャッターが15コマ/秒と改善

僕は連射等の改善よりかは、ここが特に重要です。

被写体の問題上、暗いとこを好んだり住処にしているような生き物が殆どなので、暗さに強ければ強いほど助かります。
現在のメイン機材、X-T2なんかLv-1ですからね…幾度となくイライラさせられました。

そして連射ですが…最近電子シャッター多用の為、あまりメカの恩恵はピンとこないのが正直なところ…
それよりかはバッファをもっと改善してほしいものですね。

 

動画機能は殆どX-T3と同じ?

manseok / Pixabay

確かに動画機能がどのカメラも優れてるのは実感しますが…正直動画は素直に動画専用のカムコーダを買った方が良いです。

以前、法人用(プロ用)のカムコーダ等を使用する機会があったのですが、もう明らかに違う。
いろんな機能が手元でわかるし、理解すればすぐ分かるこの凄さ!!

結構高い法人用…

たとえばこれはレンズ一体型のカムコーダですがもうこれだけで35万円超え…

ただ分かる…動画本気で撮る人はこういうのを選んだ方が結果的に幸せにられるかと思います。

とはいえ、写真と一緒の機材で4K/60Pが撮れるわけです。
この機能を無駄にするのは勿体ないですね。

僕はガンガン使いますWWW

 

新バッテリー NP-W235を採用

以前より採用していたNP-W126から一新、バッテリーの大型化です、超うれしいです。

W126は大体300枚前後が一般的でしたが、今回からは500枚は可能の様で(エコモードなら600枚)

環境によってはバッテリー交換が億劫になったり不可能な場所もあるので、こういう配慮はうれしい限りです。

後は実際使ってみてどうなのかですが…それは使ってみないと分かりませんWWW

 

ボディはそこまで大型化せず…

以前の情報ではX-Hシリーズの様なサイズになると聞いてましたが、フタを開けてみれば少し大型化した程度。

がっちり撮影する人にとっては、グリップ形状やレンズとのバランスって結構重要なんですよね。

少ーしグリップも良くなった気はしますが…どちらにせよ僕はバッテリーグリップ込みで考えますのでまだ何とも言えませんね。

 

背面液晶が3軸チルトからバリアングルへ

ここに関しては、なんでやねんと言いたい一言。

3軸チルトと言えばFUJIから始まり、とても大好評だった機構だっただけにここにきてバリアングル液晶…

まあこればかりは使ってみないと分かりませんが、以前の僕からすると最もウィークポイントです。

なるべく光軸に液晶は居てほしいですし、何より使用する際の工数がかかるのは好きではありません、自撮りなんて事もしないですしね。

 

 

FUJIFILM X-T4のリーク画像

畜生…ボディサイズやら背面液晶でエライ文句言いましたが…

 

 

結果的にかっこいいではないか…

 

 

同じ意見の方、おめでとうございます。
貴方もFUJI信者の仲間入りです。

色が好きとか…操作系が分かりやすいとか…その他もろもろ言ってますが

 

 

結局見た目は大事ってことですね!!

 

 

FIJIFILM X-T3はまだまだ現役

X-T4が発売されることでX-T3は型落ちになってしまいますが、正直こちらを購入するのも十分ありです。

きっと値段もお手軽になるはずですし、何よりセンサーもエンジンも同じ・X–T4はこの機種をベースにした機種なので。

バリアングル液晶がやだ・三脚常用・少しでも安く

 

こんな方はX-T3の選択も十分あります。

 

 

 

 

◆買うの?買わないの?

発売日当日とかは無理ですが…

 

 

買います!!

 

 

最近、仕事も忙しくてなかなか撮影に出られない身ではありますが買います。

というか、X-T2自身老体に鞭打って使用してるのでそろそろかなと…

 

ちなみに余談ですがX-T2の症状

・シャッターを押すと意味不明な青い表示になりひたすら連射音(たまーに)

・バッテリーグリップのバッテリー残をよく間違える(これはもう慣れた)

・レンズ認識しない(レンズ付け替えの時なんでマウントと電子接点の問題?めったにはならない)

 

その他、雪に長時間埋もれたり、しっかりお水に流されたり、崖っぽいとこからヒューストンしてしまったり、遠心力全開でブツケテしまったり…逆によくここまで耐えてくれたなと。

正直、危険!!な場所に幾度も行って人間ならきっと骨折しているだろうという場所から落として…きっとX-T2も

 

 

こんなはずじゃなかった(´;ω;`)

 

 

そう思ってるでしょう、ユーザー選択間違えましたね。

ともあれそんな時期も過ぎ、今は少し身の危険も案じての撮影もあるので、安心はしてくれてるでしょうがそろそろ機材購入の時期かなとは思ってます。

 

 

しかし、買い替えではありません!!買い増しです!!

 

 

X-T2は思い入れも強いカメラなのでこれからはサブで、動かなくなった将来はインテリアとして活躍してもらいます。
(生涯仕事宣言です)

 

◆まとめ

ともあれ早く発売してくれないですかね、X-T4。

これからワクワクしてなりません。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
Masayoshi.Hayashida
可愛い生き物をメインに撮影しているカメラマンのブログサイトです。 主に撮影録・商品レビュー・雑事を記事にしています。