ブログ

改めて電子マネーの凄さに気付かされた話

投稿日:

geralt / Pixabay

皆さんは、電子マネーを利用していますか?

少し前に日本のお偉いさんが、キャッシュレス化キャッシュレス化と言ってたり、CMでは未来の人間的なのが現金見て変な物扱いしてたりと、ドンドン現金から電子マネーへ切り替える動きを見せてますね。

それに最近はICOCAやSuicaだけでなく、PayPay・LINEPay・各コンビニ会社Pay等々、ドえらいスピードで電子マネー化が加速してきてます。

いつの日か、札束広げてドヤ顔する様な世界も無くなるんでしょうか…その前に、諭吉ビンタを1回でも受けてみたいものです。

今回はそんな電子マネーのメリット・デメリットをお話ししてみようかなと思ってます。
ちなみに僕も今年に入って積極的に活用してます。

 

◇電子マネーのメリットってなんぞ?

geralt / Pixabay

電子マネーは英名で「Electronic Money」と言う様に、お札や硬貨ではなくお金をデータとして持ち歩くことが出来るシステムです。

このシステムは、比較的年配の方からは、まだまだ受けれられにくいシステムですが、実は日本はこの分野において世界的にかなり遅れをとってます。

日本が遅れてるのは、電子マネー化・IoT・AIと、先進技術系ばかり…正直超やばいのが現実です。

それはさておいて、じゃあ僕が何故これだけ進めるのか紹介します。

 

◇支払いが楽

Free-Photos / Pixabay

もう圧倒的にこれ!!

さっきはあれだけ経済系チックな事、ダラダラ話してましたが結局これ。

小銭チャラチャラしなくていいんです。

あれって結構時間もかかるし、散々探した上「数円足りない」って事になって、結局お札出す羽目に…なんて経験ありません?

現金のみで生活してた時は、それが当たり前だったんですが、これが電子マネーに変えてから、小銭を探すのがめんどくさくて億劫で…

あの無駄な時間はなんだったんだと、ものすごく感じる様になりました。
あと、仕事柄バスや電車を使う事が多いのですが、切符買ったりしなくてもスマホをピッで済むので、とても楽です。

 

◇お財布が軽くなる

stevepb / Pixabay

小銭パンパンお札パンパン…まぁ嬉しいっちゃ嬉しいんですが、あれって物凄く嵩張るし、型崩れするし、何より重いんですよね。

電子マネーを活用すると、その様な事も一気に解消されます。

まだまだ電子マネー非対応のお店もあるので、僕は電子マネーと現金を半々で持ち歩く事にしてます。

 

◇ポイント又はキャッシュバック

angelolucas / Pixabay

PayPayなんかは、支払いで基本3%(キャンペーンで20%とかもあったり)、SuicaなどもView Suicaカードでチャージすればポイントが付くなど、日常の支払いでキャッシュバックが付いてきます。

コンビニ等のポイントカードの提示&電子マネーで支払えば、ポイントカードと電子マネーの還元どちらものメリットを受けることができます。これ現金じゃありえない話ですよね。

ちなみに参考になるか分かりませんが、現在僕PayPay使用状況です。
(使い始めたのが最近なんで、6月下旬~8月中旬の約二か月の状況になります)

 

【2019.6.27〜2019.8.2使用金額&キャッシュバック金額】
使用金額…13,471円
キャッシュバック金額…1,161円

キャンペーンなんかをうまく活用すると、よりキャッシュバックを受けやすいですね。
一時期やってた大出血バリのキャッシュバックキャンペーン…あの頃から使っておけばと後悔してます。

この様に、現金ならノーメリット又は、ポイントカードのポイントまでで終わっていた支払いも、上手い様に電子マネーを活用すれば、結構な金額がお手元に帰ってきます。

 

◇スマホ一つで大概のことができる

JESHOOTS-com / Pixabay

僕はiPhone7を使ってますが、コンビニのポイントカードなんかは、アプリでスマホ内にありますし、SuicaもモバイルSuicaにしてApple Watchに入れてます。PayPayは勿論スマホなんで、スマホ1つで大概のことが完結できます。

このイチイチ財布から、あれこれ出さなくて良いのでホント楽でいいんです。

近場の買い物だと、もはや財布事態を持っていきませんし、なるべく電子マネーを使用できる店に行くようになるので、自然とキャッシュバック還元を受けることが出来るんですよね。

 

◇ATMいらず

peltierclem / Pixabay

これマジで便利です。
現金だとお金が少なくなったら、ATM直行じゃないですか?

コンビニなんかだと手数料取られますし。

電子マネーは予めクレジットカードを登録しておくと、自分の好きな時にスマホ1つでチャージできます。
クレジットカードのポイント還元もあるので、支払いする時もチャージする時も、常に何らかの還元があるんですよね。

 

◇セキュリティもしっかりしてる

geralt / Pixabay

どこぞの会社が少しセキュリティで問題出してますが、基本的に電子マネー会社はセキュリティを万全に整えてます。(あの問題は社長があまりにも今の世の中に対して無知過ぎた)

勿論100%といえばそうではないかもしれませんが、それは銀行会社も同じこと。

一番安全なのは…一体何なんでしょうね。

恐らく多くの方はこのセキュリティの不安や、やり方が分からないという事でしょう。

勿論、100%とは言えませんが…そもそもスマホを所有してる時点で、サイバーウイルスと隣り合わせだったって知ってました?

電子マネーのセキュリティも勿論ですが、実際は個人個人の意識の問題かと思います。
(例えば、スマホにPW掛けてないとか…これ自体がクラッカーに入ってくださいと言ってる様なものです)

 

 

◇じゃあデメリットって何よ?

散々メリットを話しましたが、世の中にはメリットやセフティーがあれば、デメリット・リスクもあります。

 

◇金銭感覚は麻痺しがち

今まで数字ではなく、お札や小銭で管理していたお金、やはり数字だけだと最初の内は金銭感覚が麻痺しがちです。

残高が減ってきたら、ポンポンチャージしてしまいます、だって手元から消えた感覚がないんだもん。
ここは気をつけておかないと、後から悪魔の様な請求書が届きますので(笑)

この辺りは電子マネーアプリによっては、チャージ・支払いの履歴確認が見れますので、しっかり活用してみるのも手かもしれません。
それか初めから今月分の小遣い・生活費をチャージしておくなどの手もありかと思います。

僕は今月からこの方法にしました。(案外小まめに小まめにチャージする方が、過度なチャージをしがちになります。これは経験談です)

なので、小まめにチャージする方は、しっかりと支払いとチャージ履歴を管理する・月一でチャージする人は、一月に電子マネー化する金額を決めておく、これさえ決めておけば、過チャージを回避することができます。

 

◇セキュリティの恐怖

避けられない事ですが、あと10年もすれば今とは比べ物にならない程、IoT・AI・Cloudが発達してるでしょう。
日本はその辺りが先進国の中でも遅れていて、今猛スピードで加速させています。

何が言いたいかというと、それだけネットワークが活用される時代なので、その分クラッカーからのハッキング事故なんかも増えてくる可能性がある訳です。(現に今現在も毎年新記録を更新してますので)

その辺りは各会社さんが万全な体制をとってくるかと思いますので、どちらかというと私達自身が、カードやスマホの置き忘れやPW・セキュリティソフトなんかを徹底しておかなければと思ってます。
先程も言った様に、例の会社がPayで問題起こしてますが、まぁあれは稀です。

人間って新たに導入されたものに対して、何か起これば「やっぱあれはダメだ」と思ってしまいがちですが…あれは稀です、勿論その会社も徹底してくるでしょう。
(徹底してやめちゃいましたねw)

個人的には言い訳を考えるのではなく、自分なりの対策・方法を考えるのが優先かと思いますよ。
近い将来、現金よりも電子マネーがsy流になる時代が必ず来るかと思いますから。
(というか、電子マネー・AI・IoTの分野を疎かにすると、日本はきっと終わってしまうかと思います)

 

◇諭吉ビンタ・お札布団ができない

元からできる財力がありませんが、とある映画&ドラマの様に、お札に埋もれたり札束をドミノにしたりお札ガンを使ったり…そんな事は出来なくなります。

ドヤる時も基本数字です、そこだけは残念!!!!(その前にドヤれる財力を私にください)

 

◇電子マネーは複数所有が便利

さてさて、最後に電子マネー会社は一社だけでなく、2・3社活用することをお勧めします。実際僕のお金の活用法は

・現金(ごく一部)
・電子マネー(使える時は積極的に)
・WAON・シェルイージーPay(ほぼガソリン用)

この様な構成になっており、基本は電子マネーを活用していってます。
では、僕がおススメ…というか活用してるのはこちらになります。

 

モバイルSuica

もう圧倒的に使える範囲が広いSuicaさん。
電車やバスは勿論、コンビニや大型スーパー以外にも、ドンドン飲食店でも活用できる場所が増えてきてます。

最近は、サービスエリアでも使える場所が増えてきたので、ますます使用頻度が増えてきてます。

Viewカードをチャージカードとして設定しておくことで、チャージする際にポイントが付いてきます。
最近知ったので、僕は近々ビックカメラViewカードを発行しようかと思ってます。

現在は西日本でも普通に使えるので(九州と四国は…ごめんなさい、まだ把握してません)、アプリとして導入できる分、ICOCAよりか使い勝手が抜群にいいです。

絶対入れておいて損はないです。

ちなみに私はモバイルSuicaをAppleWatchに導入してます、超便利です。

 

 

こちらはごく最近導入したんですが、やはり常時ポイント還元率と、キャンペーン還元率が素晴らしいです。
こちらもドンドン活用できる範囲が増えてきてる他、大手会社以外の小規模なお店でも使用できる範囲が広まってます。

おそらくバーコードリーダーがなくても、QRコードさえあれば良いという簡易さが、子規模なお店にも導入しやすい理由なんでしょうね。

ヤフーカードを発行し、チャージ用カードに設定することで、PayPayの本領を発揮できます。ヤフーカードは何かと便利なのでPayPayと一緒に発行する方が良いかなと思います。

以上、この二つがあれば大概のことが乗り切れてしまうのではないかと思います。

もう一つだけ導入するとしたらこちら。

 

WAONカード

WAONことAEONのカードでお馴染みのワンコちゃん。
アプリもあるのでアプリ内チャージは勿論、Suicaに並ぶ程、使用場所が広かったりします。
あと、SuicaもPayPayが使えない場所でも、WAONが使える…みたいな。
ポイントも貯まりますし、なにより規模拡大が止まらないイオンさんですから、何かしら活用してみたいところ。

この辺りは2つにするか3つにするかは個人の判断かと思います。
僕はとりあえずモバイルSuicaとPayPayをしばらくは活用しますが、この先もう一つ何か導入するかもしれません。

 

◇日本はドンドン電子マネー化が進むのは確実かと思う

何度も言ってますが、今後日本の先進技術は急成長していきます。

知ってました?PayPayの様なバーコード決済方法、日本では最近になってようやく復旧してきましたが、中国ではもうかなり前から復旧してます。

更には先進国の中では、日本はこの手の技術が非常に弱く、このままでは先進国としても危ういという事が、実際の現実です。
(実際この手の技術は日本より中国の方が強かったりします)

という事はです、そうならない為にも日本もドンドン頑張っていこうとする訳ですから、その影響もあり今までの価値観がガラリと変わってしまう事もある訳です。(間違いなくIoT・AIは復旧させてくるでしょう)

その影響もあり、電子マネーの復旧も十分考えられるので、今の内から慣れていけば?っと思う次第です。

 

◇まとめ

いかがでしたでしょうか?
僕個人としては、世の中の変化はアッ!!という間なので、サッサと電子マネーに慣れておいて、次の時代の準備をしておく方が良いのではと思います。
それにこの様なタイミングはどこも還元キャンペーンを導入してきますし、復旧してからは、そんなキャンペーンも少なくなるかもしれません。
しっかりと理解した上で、場数慣れと還元バンザイをしてみては如何でしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ブログ
-,

執筆者:

関連記事

Apple Watch Series4がやってきた

全国の林檎信者の皆さんこんにちわ、少し前に時計がダメになってしまい、時計が欲しい・時計が欲しいと思い続けて、早二ヶ月。 とうとう買ってしまいました、購入したのは題名にもある通り   Appl …

カメラの背面液晶について語る

カメラって背面に液晶が付いてますよね。 この背面液晶に複数の機構があるのはご存知でしょうか? カメラの後ろ側にある液晶画面で、画像確認や設定・撮影など必ず必ず使用する部分にあたります。 その背面液晶に …

うさぎ島は仔ウサギシーズン到来です+動物写真のちょっとしたコツ

みなさんこんにちわ。 日中はドンドン暑くなり日差しが辛い日が増えてきました。 そんな中、今月も大久野島に撮影遠征に行って参りましたので、その報告をします。   ♦この時期の島は …

FUJIFILM X-T3がFUJIFILMを大きく進化させるかも!!

全国のFUJIFILMファンの皆さんこんにちわ。 via:FUJIFILM X-T3 先日発表されたFUJIFILM X-T3ですが、ものすごい性能を持ってますね。 C社やN社がフルサイズミラーレス発 …

動物園写真の撮り方を少し話してみる

少し前に神戸どうぶつ王国に行ってきました。 普段野生生物ばかり相手にしてるので、こういう場所に来ると少し気が軽く安心して撮影ができるのでたまに来たりします。 今回は動物園なんかでも素晴らしい作品は十分 …

スポンサーリンク

プロフィール

名前  :Masayoshi Hayashida
機材  :FUJIFILM X-T2
ジャンル:動物・野鳥
可愛い生き物が大好きで、現在はニホンリスを主題に撮影してます。

カテゴリー

アーカイブ