ブログ レンズ

XF16-80mm F4.0 R OIS WRは買いなのかどうかを考えてみる

投稿日:

少し前に正式発表されました、FUJIFILM Xシリーズの便利ズーム「XF16-80mm F4.0 R OIS WR」。
FUJIには標準ズームに、「XF16-55mm F2.8 R LM WR」「XF18-55mm F2.8-4.0 R LM OIS」この二つがあり、便利ズーム枠には「XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR」があります。
そんな中、今回発表したこのレンズは、果たして買いなのかどうか…そんな話をダラダラとしてみたいと思います。

最近機材レビューできてないんでね、レビューはできないものの、こういう話はしてみようかなと思いました。
ちなみに余談ですが、タイトルの買いなのか?っ部分、お金があれば即決なんですけどね。

それはもう店員に諭吉ビンタを与えるバリに。

 

♦XF16-80mm F4.0 R OIS WRとは

今回本題のこのレンズ、2019年9月に発売されるズームレンズで、24-122mm(35mm換算)の広範囲をF4.0固定でカバーできる、言わば便利ズームになります。

まだ発売されてない→使用した事もないので、写りがどうこうはまだ分かりませんが、話によるとなかなかの写りとのこと。
F4.0固定だし手振れ補正も搭載、更には防塵防滴なので、使い勝手は十分だなと感じます。

 

♦各レンズと比較

こうレンズ全体で見ると「中間どころ」って感じがしますね。
そこそこ撮影幅が広く、そこそこ軽量コンパクト、手振れ補正や防塵防滴もついてるし、F値固定なので扱い易い。

 

StockSnap / Pixabay

特に手ぶれ補正は、FUJI初のレンズのみで6.0段分の効果があるとのこと。
リニアモーターは非搭載であるものの、ステッピングモーターなので問題もありませんし、結構FUJIの主力レンズとして期待できるのではと思います。

 

♦とにかく手ぶれ補正6.0段分は注目

ボディ側&レンズ側両方で手ぶれ補正を行うデュアルISとは違い、このレンズはレンズのみで6.0段分もあります。
僕はなるべく荷物を減らしたいタイプなので、三脚は極力持ち出しません。
そんな人にとって、手ぶれ補正の強さはとてもありがたい次第です。

 

♦使い勝手が良さそう

Anestiev / Pixabay

僕は動物・野鳥カメラマンですので、あまり風景なんかは撮影しませんので、あまりこの焦点距離って活躍する場が少ないんです。
しかし、動物によってはパースを出す為広角で寄ったり、時には風景も撮ったり。

そんな焦点距離だからこそ、ある程度の幅が効かせれるレンズの方が、まぁ便利な訳です。24-122mmまでカバーできるので、カメラ本体が2台あれば、16-80mmと100-400mm(時にはテレコン有り)を選びます、これで大半の撮影に対応できますね。
写りも良いみたいですし手ぶれ補正も優秀、更には小型で焦点距離も広いので、僕自身欲しいなって思うレンズです。

 

♦ライバルはXF18-55mm F2.8-4.0R LM OIS


えっ?キットレンズがライバル??
ありえねーよセニョリータ…

って思ったそこの貴方!!あのレンズを甘くみてる証拠ですよ。
詳しい内容は以前書いた記事で紹介してます。

まぁとにかく小型軽量で写りが良いんですわ。XF16-55mm F2.8が欲しかったけど思いとどまったのも、このレンズを持ってたせい。FUJIFILMさんはなんでこんなレンズをキットにしちゃったんでしょうね。

消費者としては嬉しいですが、会社側としてはやり過ぎちゃった感あるんじゃないか、そう思える程万能なレンズなんです。
だって、キットレンズでF2.8-4.0、なのにマイクロフォーサーズバリの小型軽量、手ぶれ補正とリニアモーター付き、外装は金属とエンジニアプラの高級仕様、まぁ凄いですね。

しかし、XF16-80mm F4.0は焦点距離の幅や防塵防滴、手ぶれ補正の強さなどしっかりと差別化ができてるので、上手いこと開発されたレンズだなと思います。

価格はXF16-80mm F4.0の方が4万円近く高いので、そこにどれだけの価値観と必要性を感じるか、どちらを選ぶかはそこではないかと思います。

 

♦最高画質の大三元・万能タイプの小三元

では、XF16-55mm F2.8とどちらが良いかですが、大三元であるXF16-55mmは言わばレッドバッヂズーム。
FUJIがいろんなもんを度外視して、画質に注力したレンズですので、流石に画質という面では軍配が上がるでしょう。

対して小三元のXF16-80mm、こちらはしっかり高画質かつ使い勝手も搭載した万能さん。大三元には負けると言われる解像度も、正直厳密に拡大して確認したら…程度ではと思います。

何が何でも最高画質のなら大三元、高画質かつ万能さを選ぶなら小三元でしょう。

♦XF18-135mmとの比較は焦点距離と画質

XF18-135mmはFUJIのレンズ群1位の高倍率レンズです。F値変動なのと写りがやや甘めではあるものの、防塵防滴や手ぶれ補正も搭載、標準域から望遠域までカバーするので、使い勝手だけ考えるならこのレンズかと思います。

XF16-80mmは焦点距離の幅は劣るものの、その他は勝る性能です。
細かいことですが、広角側の18mmと16mm(換算で28mmと24mm)は結構大きいです。

あとは質感といいますか…XF18-135mmは結構プラスチッキーなんですよね、別に悪いわけではないですが。

どちらかを選ぶ基準は、便利さ重視か画質も大切にしたいか…ここではないかなと思います。

♦まとめ

これだけラインアップされてる標準ズームですが、こう見るとホントにそれぞれの役割がありますね。
個人的には画質と便利さのバランスが欲しいので小三元が気になりますが、それぞれ自分のスタイルにあったレンズ選びが幸せへの1歩ではないかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ブログ, レンズ
-, ,

執筆者:

関連記事

オールドレンズの鉄板「super takumar 55mm F1.8」がやってきた

全国のオールドレンズファンの皆様こんにちわ、オールドレンズルーキーのRINです。 今回はなんと言いますか…ちょっと興味本位でオールドレンズに手を出してみたので、     &nbsp …

Apple Watch Series4がやってきた

全国の林檎信者の皆さんこんにちわ、少し前に時計がダメになってしまい、時計が欲しい・時計が欲しいと思い続けて、早二ヶ月。 とうとう買ってしまいました、購入したのは題名にもある通り   Appl …

ブログサーバー変更しました&やらかした

やらかした…ブログ移行でやらかした… …   ……   …………     ハッ…!?∑(゚Д゚)   みみみみなさんこんにちわ(´;Д;`) リンLO …

社会人必見!COCOMEISTERの財布の魅力

全国の革製品好きなみなさんこんにちわ。 実はこの夏季休暇に撮影遠征で長野に行ってたのですが、その帰りに名古屋で小銭入れを購入しました、それがこちら   COCOMEISTER GEORGE …

NEKOくらぶ写真集に写真が掲載されます

全国のネコ大好きさん・ネコ好きカメラマンさんこんにちわ。 この度、廣済堂出版社様×東京カメラ部分室NEKOくらぶ主催の写真集 NEKOくらぶ写真集が出版されます。   NEKOくらぶ写真集 …

スポンサーリンク

プロフィール

名前  :Masayoshi Hayashida
機材  :FUJIFILM X-T2
ジャンル:動物・野鳥
可愛い生き物が大好きで、現在はニホンリスを主題に撮影してます。

カテゴリー

アーカイブ